宗祖弘法大師御誕生1250年記念大法会

『いのちよ 輝け~大師の みこころと共に~』
法会期間:令和5年5月14日(日)~7月9日(日)

御誕生ポスター1


 和歌山県の高野山は、弘法大師空海(お大師さま)が、真言密教を日本に広め、僧侶が修行するための道場として、弘仁7年(816年)にお開きになられた聖地です。お大師さまは承和2年(835年)3月21日に高野山奥之院にご入定なされ、今も人々を見守り、救い続けておられます。

 令和5年(2023年)はお大師さまがお生まれになって1250年の記念の年です。高野山では、ご誕生日の6月15日を中心として、5月14日~7月9日までの57日間、「いのちよ輝け~大師の みこころと共に~」のスローガンのもと宗祖弘法大師御誕生1250年記念大法会を執行いたします。お大師さまのご誕生を祝うとともに、子供の頃から聡明であったお大師さまにあやかり、現代の子供たちが元気で健やかに、賢く育つことを願う法会でもあります。

  


~ご誕生の物語~

 お大師さまは、宝亀5年(774年)6月15日、御父・佐伯善通(さえきよしみち、俗名:田公 たぎみ)と御母・玉寄御前(たまよりごぜん)の子どもとして、讃岐国の屏風ガ浦(香川県善通寺市)でお生まれになり、幼名を真魚(まお)と名付けられました。 


 

 ある日のこと、お父さまとお母さまが、「天竺(インド)のお坊さんが紫色に輝く雲に乗って、お母さまのふところに入られる」という夢を同時に見られ、真魚さまがお生まれになりました。


 真魚さまは5、6歳の頃、八葉の蓮華の中に座って、仏さまと話す夢をいつも見ていました。このお姿を描いたのが「稚児大師像」です。またその頃の遊びは、土で仏さまを作り、草や木を集めてお堂を作ったりして、仏さまを拝むことでした。その様子からお父さまとお母さまからは「貴物(とうともの)」と呼ばれました。

    (稚児大師像をモチーフにした、御誕生法会ロゴマーク)

     

     7歳の時、近くの捨身ガ嶽(しゃしんがだけ)に登り「私は大きくなりましたら、世の中の困ってる人々をお救いしたい。私にその力があるならば、命をながらえさせてください」と仏さまに祈り、谷底めがけてとびおりました。すると、どこからともなく美しい音楽とともに天女が現われ、真魚さまをしっかりとうけとめました。真魚さまは大変喜んで一層勉強にはげみ、大人になると出家して空海と名乗り、唐(中国)で学んだ密教を日本に広めました。



     お大師さまの教えは、今も私たちを導いてくださり、お大師さまを慕って多くの方が高野山を参拝されます。


宗祖弘法大師御誕生1250年記念大法会 法会日程

法会期間:令和5年5月14日(日)~7月9日(日)
日時 法会名 場所
5月14日(日) 9:00~ 開白法会(山内塔頭寺院) 奥之院 燈籠堂
 第3地域伝道団報恩法会(東海)
5月21日(日) 第9地域伝道団報恩法会(九州)
5月28日(日) 第1地域伝道団報恩法会(北海道)
 第8地域伝道団報恩法会(四国)
6月 4 日(日) 第6地域伝道団報恩法会(兵庫)
6月11日(日) 第7地域伝道団報恩法会(中国) 
6月15日(木) 9:00~ 宗祖降誕会 大師教会
6月18日(日) 第5地域伝道団報恩法会(近畿) 
6月25日(日) 第2地域伝道団報恩法会(関東) 
7月 2 日(日) 第4地域伝道団報恩法会(北陸) 
7月 9 日(日) 結願法会(山内塔頭寺院)
 

※高野山真言宗の全国各地域伝道団による報恩法会が執り行われます。法会に際し、各地よりお越しいただきました稚児行列が、職衆と共に練り歩きます。


その他恒例法会

日時 法会名 場所
5月21日(日) 9:00~ 奥之院大施餓鬼会 奥之院 燈籠堂
6月18日(日) 9:00~ 山王院夏季祈 伽藍 山王院
6月19日(月) 9:00~ 山王院夏季祈 伽藍 山王院
6月20日(火)18:00~ 山王院堅精 伽藍 山王院
7月 1日(土) 13:00~ 准胝堂陀羅尼会 伽藍 准胝堂

 ※予定は変更する場合があります。


法会期間中の御開帳・特別公開

金剛峯寺 持仏御本尊開帳

持仏間

 

 金剛峯寺持仏に安置される御本尊、弘法大師座像は天和元年(1680)、検校文啓の指示で制作、持仏に安置されました。普段は非公開のお像を特別公開いたします。

 
  • 場所:金剛峯寺
  • 本尊:弘法大師座像
  • 期間:法会期間中(令和5年5月14日~7月9日)

関連イベント

高野山フォトコンテスト615  いのちよ輝け~大師のみこころと共に~

 

募集期間:2022年4月20日(水)~2023年2月10日(金)

テーマ :①「高野山の風景(またはお大師様にご縁のある風景)

      ②「いのちよ輝け~大師のみこころと共に~」

 ※①②いずれかのテーマから1つ選んでいただき、写真に100字以内のエピソードを添えてご応募下さい。1人3点まで応募可。


応募方法:①Instagram 高野山 総本山金剛峯寺【公式】「koyasan_kongobuji」をフォローして
       ハッシュタグ「#高野山フォトコンテスト615」と、「#高野山の風景」または
       「#いのちよ輝け」をつける。
      ②メール 写真1枚につき3MB以内のデータを
       「photocontest.615@dmckoyasan.com」宛に送付。
        (件名は「高野山フォトコンテスト615応募」に)。
      ③データを入れたCD-RまたはDVD-Rを郵送
       送付先 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山799
       株式会社DMC内「高野山フォトコンテスト」事務局
                                       以上のいずれか


結果発表:2023年3月21日(火)予定


グランプリ・準グランプリ受賞者には高野山の宿坊ペア宿泊券、入賞者には記念品のほか、優秀作品は金剛峯寺特設会場で展示いたします。展示予定など情報は、今後随時更新いたします。

詳細はチラシをご覧下さい。(PDFファイル)


   

記念事業

1.御影堂檜皮屋根葺替(みえどうひわだやねふきかえ)

 

 御影堂は、お大師さまが高野山で居住できるようにと、弟子の一人である実慧さまが建立されたお堂で、お大師さま御入定後、そのお姿(御影)をお祀りしたことから御影堂と呼ばれるようになりました。

 御影堂の檜皮屋根は、葺替以来25年が経過しており、傷みや劣化が激しく葺替の時期を迎えております。寄進者のご芳名は御影堂に奉安いたします。


261 256  

2.境内木柵整備(けいだいもくさくせいび)

 

 金剛峯寺、大伽藍、奥之院等の境内木柵は、整備以来半世紀を過ぎており、基礎部分の腐敗による倒壊の恐れが出てまいりました。これら木柵の新調には相当数の木材調達が必要となりますが、景観を美しく、また皆さまに安全にお参りしていただくため、祖山荘厳のために木柵整備へのご協力をお願い申し上げます。祖山山容を保ちながら、令和3年度より順次整備を進めております。


261
 

〈 浄財御寄進について 〉

 金剛峯寺では宗祖弘法大師御誕生1250年記念大法会を機縁に、全国の皆様に広くご寄進をお願い申し上げ、上記の記念事業並びに祖山荘厳のために活用させていただきたく準備を進めております。皆さまのご芳名は願意とともに南無大師遍照金剛の御宝号のもと、弘法大師御宝前にお納めいたします。

 
 

記念企画

1. GO GO MY LIFE 2034年 IN 高野山
  “未来に夢とメッセージを届けよう”


【gogo】HP用画像

 

 若者・子どもたちの将来の夢は年齢や生活環境の違いによって様々であるものの、アニメ動画や本、インターネットの情報の影響のほか、年齢が上がるにつれて「家族の影響」「褒められた」「1位になった」などよりリアルな経験にあるようです。
 その夢や希望の芽を育むためには、家族との関わりが非常に重要で、特に日常的な子どもと向き合い、見守り、子どもそのものを認める姿勢は、生きていく上で大切な要素となる「自己肯定感」を育みます。
 そんな中、子どもたちが、「未来の自分へのメッセージ」において“夢・希望・目標”を明確に書き示すことは“自らを見つめる”契機となると同時に“夢の実現に向けて努力しよう”・“夢に向かって自分の力で道を切り開いていこう”という目的に向かって着実に歩む心を育み、親御さま・近親縁者さまからの“想いや願い”が綴られた「未来のあなたへのメッセージ」は、心の支えとなることは勿論、困難や試練・岐路・ご両親近親者など助言者との別れなど道迷い、心惑う時“困難や障壁を打ち破る強い心”・“勇気”ひいては“生きる原動力”を育むと信じております。
 この“GO GO MY LIFE”のなかの用紙「未来の自分へのメッセージ」・「未来のあなたへのメッセージ」をご活用いただき、メッセージ(言葉)を「親御さまからお子さまへ」・「近親縁者さまから縁者お子さまへ」など様々なご縁の繋がりに従って書き、夢の実現を願って“高野山に届け”ましょう!
 この度、多くの皆さまが大きな夢を抱き、その夢に向かって、キラキラと輝く人生を歩んでくださることを願い、企画・製作させて頂きました。

【メッセージ用紙購入~お預け~お返しまでのイメージ】


 1、 パッケージ(メッセージ用紙)を注文フォームよりお求めいただく

   GO GO MY LIFE“未来に夢とメッセージを届けよう”ご購入はコチラ

 2、下記2つのメッセージを高野山へ届ける

  「未来の自分へのメッセージ」(子ども用)・「未来のあなたへのメッセージ」(保護者用)


 3、弘法大師御入定1200年記念となる2034年、高野山でメッセージを受け取る


 4、・自らの夢を再確認し、自らを見つめ直し、新たなスタートのきっかけとする

   ・困難試練に立ち向かう勇気、生き抜く原動力とする


 

YouTube動画

子ども試聴版


保護者試聴版





2. RE BORN
ストーリーを身につけ 価値をみいだす
「 ジーンズ こどもエプロン 」をつくろう


【reborn】HP用画像

 

 昨今、日本国内で焼却・埋め立て処分される服の量は年間48万トン。大型トラックに換算すると毎日130台分ものの服を焼却・埋め立て処分されているといわれます。
そこで、環境負荷軽減を考慮したサステナブル(持続可能)な取り組みとして、ご家庭で使用しない“思い出ある”ジーンズをリメイクパッチワークエプロンとして、新たな価値を生む「メモリータグ付きの子ども用パッチワークエプロン」を作るプロジェクト「REBORN ストーリーを身につけ 価値をみいだす ―ジーンズ こども エプロンをつくろう-」を企画させて頂きます。
 小さな活動から気づきの連鎖を生み、自然界のすべてのいのちとの共生を目指します。


 

【お問い合わせ】
高野山真言宗 総本山金剛峯寺 
宗祖弘法大師御誕生1250年記念大法会事務局 
電話番号0736-56-2012(直通:平日8時30分~17時)
〒648-0294和歌山県伊都郡高野町高野山132

 

※新型コロナウィルス感染症拡大予防に努めておりますが、お参りの際は十分な予防対策をした上でお気をつけてお越しください。