金剛峯寺とは

高野山真言宗総本山を紐解く

高野山は、平安時代のはじめに弘法大師によって、開かれた日本仏教の聖地です。
「金剛峯寺」という名称は、お大師さまが『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)』というお経より名付けられたと伝えられています。
東西60m、南北約70mの主殿(本坊)をはじめとした様々な建物を備え境内総坪数48,295坪の広大さと優雅さを有しています。

高野山開創の物語

高野尋入事 「高野大師行状図」

弘法大師が都遥かに都を離れ、しかも約1000mの高峰であるこの高野山を発見されたことには古くから伝えられる物語があります。
それは、弘法大師が2カ年の入唐留学を終え、唐の明州の浜より帰国の途につかれようとしていた時、伽藍建立の地を示し給えと念じ、持っていた三鈷(さんこ)を投げられた。
その三鈷は空中を飛行して現在の壇上伽藍の建つ壇上に落ちていたという。

弘法大師はこの三鈷を求め、今の大和の宇智郡に入られた時そこで異様な姿をした一人の猟師にあった。

手に弓と矢を持ち黒と白の二匹の犬を連れていた。弘法大師はその犬に導かれ、紀の川を渡り嶮しい山中に入ると、そこでまた一人の女性に出会い「わたしはこの山の主です。あなたに協力致しましょう」と語られ、さらに山中深くに進んでいくと、そこに忽然と幽邃な大地があった。

そして、そこの1本の松の木に明州の浜から投げた三鈷がかかっているのを見つけこの地こそ真言密教にふさわしい地であると判断しこの山を開くことを決意されました。

一山境内地とは

一山境内地とは

総本山金剛峯寺という場合、金剛峯寺だけではなく高野山全体を指します。
普通、お寺といえば一つの建造物を思い浮かべ、その敷地内を境内といいますが、高野山は「一山境内地」と称し、高野山の至る所がお寺の境内地であり、高野山全体がお寺なのです。

「では、本堂はどこ?」という疑問がわいてくるでしょう。高野山の本堂は、大伽藍にそびえる「金堂」が一山の総本堂になります。高野山の重要行事のほとんどは、この金堂にて執り行われます。
山内に点在するお寺は、塔頭寺院(たっちゅうじいん)といいます。お大師さまの徳を慕い、高野山全体を大寺(だいじ 総本山金剛峯寺)に見立て、山内に建てられた小院のことです。現在では117ヶ寺が存在し、そのうち52ヶ寺は宿坊として、高野山を訪れる参詣者へ宿を提供しています。

弘法大師(こうぼうだいし)

921年に醍醐天皇により、空海の生前の評価に基づきおくられたおくりな。

真然大徳(しんぜんだいとく)

延歴23年(804)讃岐国に御誕生。弘法大師御入定(承和2年3月21日)後、30歳の若さでその遺告を受け継ぎ五十有余年の歳月をかけて瑜祇塔、弥勒堂、真言堂、准胝堂、鐘楼の諸堂、また、弘法大師の悲願でもあった根本大塔や西塔を完成された。

三鈷(さんこ)

密教における法具で、三鈷杵(さんこしょう)ともいう。
仏の教えが煩悩を滅ぼして、悟りを求める心を表す様をインド神話上の武器に例えて法具としたものである。

座主よりみなさまへ

北面大師

管 長 猊 下 御 経 歴

総本山金剛峯寺第413世座主

高野山真言宗管長 大僧正
中西 啓寶(なかにし けいほう)

  • 一、出 生
    昭和8年9月3日
  • 一、得 度
    天徳院道場に於いて 金山 穆韶師に従い昭和23年7月16日 剃髪
  • 一、度 牒
    昭和23年7月26日
  • 一、学 歴
    昭和31年3月15日 高野山大学卒業
  • 一、僧 階
    平成15年12月1日 大僧正に補任
  • 一、住職歴
    昭和40年7月13日 高野山釋迦文院住職就任(現在に至る)
    平成19年4月 1日 高野山寶壽院門主就任(現在に至る)
宗内歴 就任 退任
高野山専修学院監事 昭和 45年04月01日 昭和 60年03月31日
御遠忌大法会事務局法会部法会研究委員 昭和 55年07月15日 昭和 60年03月31日
布教研究所所員 平成 03年04月01日  
金剛峯寺執行 責任役員
法会部長・華道部長
平成 03年07月05日 平成 06年07月04日
伽藍維那 平成 04年07月31日 平成 04年08月31日
金剛峯寺執行 責任役員
本山・宗団法会部長
平成 12年07月05日 平成 15年07月31日
高野山専修学院長 平成 19年04月01日 現在に至る
後七日御修法大行事 平成3年9年13年 出仕  

歴代座主一覧